外貨定期とFX

2015年6月9日

FXと聞くとよく理解しないままに、ギャンブル、危ないものと感じたり、はたまた会社に勤めている人がやっていると聞くと仕事中にサボって取引しているのではと勘繰る人がいます。たしかにギャンブル感覚でFXを行っている人や大きな損失を出す場合もあります(中には仕事をサボってやる人も…)。しかし、ちゃんと仕組みを勉強し理解すれば、少しではありますがリスクを減らして手堅く利益を得ることができます。

FXと比較するものとして外貨定期預金と比較していきます。外貨定期の場合、銀行や取引する外貨にもよりますが、一通貨あたり数十銭から数円の手数料がかかるものが大半です。FXの場合、手数料が無料のものが多く見受けられます。スプレッド(売り買いの価格差)はありますが1銭以下のものもあり、外貨預金に比べると非常にコストが低くなっています。

また、日々スワップポイント(売り買いする通貨の金利差)を得ることができます。それに比べ外貨定期の場合、スワップポイントに近いものとして利子が当てはまりますが、こちらの場合指定された期日が来るまで受け取ることができません。この点に関しても外貨定期に比べFXの方がメリットが大きいと言えます。

スワップポイントの高さはFX業者によって少々異なるので、口座を選ぶ際にはなるべく高額スワップ金利を提供しているFX業者を選ぶことをおすすめします。最近ではライブスター証券が豪ドル円など高金利の通貨ペアで常に高いスワップポイントを供給しています。取引ツールも使いやすく、投資情報も充実しているので、長期的な視野で通貨を保有したい方にとっては最適なFX口座だと言えるでしょう。
参考:FXスワップ比較ランキング | スワップ金利の高いFX業者で複利運用

ロスカットなどを考えると一概にFXの方が良いとは言えません。しかし、現在多少のリスクを鑑みて外貨定期を組んでいる方は、是非FXを試してみるのも良いかもしれません。

スワップポイントで高金利預金

2015年6月5日

FXという言葉が世に広まってからずいぶんたちましたが、相変わらず「危険なもの」「ギャンブルだ」とマイナスに考えている人が多いのが不思議でなりません。FXはうまく活用すれば、銀行の定期預金なみに安全に運用できるうえ、日本国内ではありえないくらいの高金利が受け取れる、れっきとした投資なのです。

ではどうやれば安全な投資としてFXを活用できるのかというと、それはスワップポイントをある工夫をして活用するのです。

スワップポイントとは、国同士の金利差の事であり、FXでは金利の低い通貨を売って高金利な通貨を買うことでその差額が毎日受け取れるのです。日本は超がつくほどの低金利なので、必然的に他の国との金利差が大きくなります。この金利差が日本国内の高いといわれる預金金利をはるかに凌ぐ高金利となりますので、多くのスワップポイントを受け取れます。

この時気を付ける事は、FXはレバレッジといって少ない資金でより多くの取引ができる仕組みがあります。このレバレッジを2~3倍の低い設定にしておく事で、相場の急な変動にも耐えられる安全な取引ができるようになります。

移動平均線とピポットを組み合わせたトレード

2015年4月11日

私が最近、取引している手法がピポットと移動平均線を組み合わせた手法です。以前はピポットのS1やS2まで下がってきた時に買いの指値を入れていましたが、下落が強い時にはS2やS3を勢いよく下落してロスカットに・・といったこともよくありました。

それで移動平均線と組み合わせると落ちてきたナイフを素手で拾うことはないと思ったからです。

まず、チャートを見ていて、S1やS2まで価格が下がってきたらすぐに買い注文を入れず、少し様子見します。

この時点ではまだ揉み合いが続いており、さらに下げる可能性があります。
ただ、移動平均線がゴールデンクロスしたら底を脱出したと判断でき、この時点で買い注文を入れます。

S1やS2より不利な価格で注文することになりますが、それでもダマシにあう確率は減ると思います。

私の場合、デイトレなので5日と25日の移動平均線がゴールデンクロスした時に買いポジションを持っていて、ショートの場合も買いと同じようにポジションを持っています。

2回目の入金でカバー

2015年4月10日

FXの口座への入金は、1回目の入金額よりも大幅に増やすときは2回入金にしています。
1回目は30万、2回目は200万、そうすれば1回目に出した損失はほぼ2回目でカバーできます。問題なのは、2回目に入金可能な額がなかったり低かったりするときです。

そういう意味でも1回目は少なめにしておいたほうが無難かもしれません。200万あれば十分なトレードが可能で、デイトレやスイングトレードで300万ぐらいにはすぐ行きます。逆に100万になるかもしれないのがリスクでしょう。

だいたいの場合、100万になるとは予測していませんが、そうなったときにショックを受けることなく過ごせる範囲の金額にしておくほうが身のためです。実際に働いて100万はかなりの労力を要する職種があるし、勤労意欲に大きく影響してしまいます。

300万ぐらいになったとして、そこでやめておけば勝ち逃げですが、たぶんやめるのは難しいはずです。さらに勝てるかもしれない、と思ってしまうからです。

FXはチャートが分かると面白い

2015年3月15日

パソコンやスマートフォン、タブレットの利用者が増えた中、FXも身近でいつでも出来る投資の1つとなりました。

最近は最低投資金額もかなり低くなり、若い世代から熟年まで関心は高くなっています。

トレードの種類は、短期から長期まで取引期間のスタイルがいくつかあります。スキャルピングトレードは、短時間で売買をする方法、デイトレードは1日の中で売買を終わらせるものです。

その他、1日から1ケ月かけて行うスイングトレードはFXに慣れない初心者に向いているとも言われています。さらにキャリートレードと言う、月に一度や数ケ月に一度行う長期間かける取引もあります。このように様々なトレード法がありますが、まずは為替の値動きの読み方を知り、チャートを理解する事が大事です。そこからどのタイプが合うのか運用しやすかを見分けるのがポイントです。

それを認識した上で、利益だけを考えて選ばず、自分の生活スタイルや性格などに合わせると、FXでの利益へと繋がる事になるのではないでしょうか。

FXについて

2015年2月5日

FXとは外国の通貨を売買して利益を出す取引のことです。

外国為替保証金取引や、通過証拠金取引のことです。略して外為とも言います。いろいろな取引会社がありますが、自分の手持ちのお金の大きさによって取引する会社も決まってきますからそこのところをよく考えて選んで下さい。初心者はいきなり外為の取引を始めるのは危険です。まずは外為取引の流れや取引の方法や専門用語を知ることが大切です。外為はいつも同じ金額が動いているわけではありません。生き物ですからテレビやいろんな通信手段で情報のアンテナをつねにはっていなければなりません。

FXを始めるならまずは外為取引のデモンストレーション「練習」が出来る会社があります。そういう会社のデモンストレーション「練習」を利用して架空の金額を実際に売買してみるのもいいです。売買の練習をしていくうちに自分のお金の売買の方法が掴めてきます。

初心者はそれを利用してからのほうが実際に売買したときに損益が出た時に慌てずに済みます。外国の通貨と取引して差益で利益を出すのですから勉強が一番です。

FXでは、システムトレードを使うこともできます。

2015年1月30日

為替の売買取引であるFXでは、通常は投資家自身が自らの判断に基づいて、為替の売買をする必要があります。そこでFXが初めての初心者にとっては、いつ、どれくらいの数量で為替を売買するのか自ら決定しなければならないため、取引が難しいという欠点がありました。

それを改善するために産まれたのがシステムトレードと呼ばれる自動売買取引の仕組みです。FXで有名なシステムトレードにミラートレーダーがあります。ミラートレーダーには、ストラテジーと呼ばれる複数の自動売買プログラムが組み込まれています。ストラテジーは、押し目買い戦略や、ブレイクアウト戦略など、さまざまな局面に対応するプログラムが用意されており、ミラートレーダーにはそれまで優秀な収益を獲得してきたストラテジーが100から200種類用意されています。

ミラートレーダーで投資家が行うことは、それらのストラテジーを複数選択することだけです。あとはストラテジーが任意のタイミングで売買取引を行ってくれます。

システムトレードで難しいのは、それまで優秀な成績を収めていたストラテジーが、突然、うまく働かなくなることがあるということです。そのような場合には、そのストラテジーを外し、別のものを選択してストラテジーを見直してゆくことが必要になってきます。